きょうの料理 レシピ

【きょうの料理】かつおと昆布のだしとだしを使った2品のレシピ紹介

きょうの料理2019年10月21日放送は、おさらい和食塾ということで、料理研究家の後藤加寿子先生が、「だしをひく」を紹介してくれました。
「だしをひく」を教えてくれたのは、料理研究家 後藤加寿子先生です。

だしをひく

講師:料理研究家 後藤加寿子先生
和食の伝統を大切にしながら、若い世代にも作りやすい家庭料理を提案する
司会:廣瀬智美アナウンサー

かつおと昆布のだしのレシピ

今回は1番だしと2番だしの間、万能だしを教えてくれました。

かつおと昆布のだしの材料(出来上がり約1.5リットル分)

・昆布:30g
・削り節(かつお):30g
・水:カップ9(1.8リットル)
エネルギー:30Kcal/塩分:1.5g(1人分)

かつおと昆布のだしの作り方

1.昆布は濡らした紙タオルで表面をサッと拭き、鍋に入れます。
2.1の鍋に水を入れ、一晩(5時間程度)おきます。
ポイント:水に浸してゆっくりうま味を引き出します。
3.一晩おいた2を中火にかけ煮出します。
4.3にアクがでたら丁寧にアク取りをし、沸騰直前に昆布を取り出します。
ポイント:昆布は沸騰直前に取り出します。

5.昆布を取り出したら、かつおぶしをほぐすようにして加え、手早く菜箸でさばきます。
6.再びグラッと沸いたら火を止め、ざるに紙タオル(不織布タイプ)を敷き、静かに一気に全てこします。
7.6をしばらくおいておき、水分が落ちなくなったら削り節を紙タオルで包み、上から箸で押さえます。
ポイント:最後の一滴までこしとることで力強いだしになります。
8.最後の一滴までこしとれば、出来上がりです。

ほうれんそうのおひたしのレシピ

ほうれんそうのおひたしの材料(2人分)

▼浸し地
・かつおと昆布のだし:カップ1
・うす口しょうゆ:大さじ1
・みりん:小さじ2
*アルコールが気になる場合は煮きります。
・ほうれんそう:1把(200g)
*塩少々を加えた熱湯でサッと茹で、冷水にとり水気を絞ります。
・削り節:適量
・塩:少々
エネルギー:30Kcal/塩分:0.8g(1人分)

ほうれんそうのおひたしの作り方

1.浸し地を合わせ、ふれんそうを入れてほぐし、30分間おいて出来上がりです。
2.器に盛って、削り節をのせていただきます。

シンプル茶碗蒸しのレシピ

シンプル茶碗蒸しの材料 (2人分)

・卵:1個
・わかめ(塩蔵):7g
*よく洗い水に3~4分間つけて戻したもの
▼A
・かつおと昆布のだし:180ml
・うす口しょうゆ:小さじ1/2
・塩:1つまみ

シンプル茶碗蒸しの作り方

1.卵を溶き卵にし、Aを加え混ぜ、ザルにこします。
2.わかめを器に入れて、そこに1を注ぎます。
3.2を蒸し器に入れ、強めの中火で1分30秒間表面に膜が張るまで蒸します。
4.3に膜が張ったら、火を弱め、10~15分間蒸したら出来上がりです。

詳細はきょうの料理2019年10月号をご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK きょうの料理 2019年 10月号 [雑誌]
価格:555円(税込、送料無料) (2019/10/22時点)

最後に

だしは作ったことはないですけど、想像しただけで良い香りがします^^
最後までお読みいただきありがとうございました。

-きょうの料理, レシピ
-, ,

Copyright© へぇ~そうなんや , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.