きょうの料理 レシピ

【きょうの料理】白菜としょうがのゆずこしょう鍋&ひらひら大根鍋のレシピを藤井恵先生が紹介

きょうの料理 レシピ 白菜としょうがのゆずこしょう鍋 藤井恵
きょうの料理2020年2月3日放送は管理栄養士のからだポカポカレシピで「白菜としょうがのゆずこしょう鍋」のレシピが紹介されました。
まだまだ続く寒い冬、体の中から温まって元気に乗り越えたいですよね。
そんな時欠かせないのがしょうがです。今回は管理栄養士の藤井恵先生からだポカポカを教わります。
白菜としょうがのゆずこしょう鍋のレシピを教えてくれたのは、料理研究家 管理栄養士 藤井恵先生です。

白菜としょうがのゆずこしょう鍋のレシピ

講師:料理研究家 管理栄養士 藤井恵先生
管理栄養士 美味しくて作りやすいレシピが人気。
しょうがは冬に欠かせない大好き食材!
司会:原大策アナウンサー

白菜としょうがのゆずこしょう鍋の材料(2人分)

・しょうが(大/皮付き/細切り):2かけ分(30g)
・白菜1kg
・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用):300g
▼A
・しょうが(大/皮付き/すりおろす):1かけ分(15g)
・酒:大さじ2
・柚子こしょう:小さじ1
・しょうゆ:小さじ1
・塩:小さじ1/4

白菜としょうがのゆずこしょう鍋の作り方

1.しょうがは皮ごと細切りにします。
2.白菜は1枚ずつはがして山が上になるように1枚を置き、その上に豚肉2~3枚を広げてこれを白菜の葉側と軸側が交互になるように重ね、切りやすい高さになったら5cm幅に切ります。
3.残りの白菜と豚肉も同様にします。
4.土鍋に(1)をギュウギュウに詰めて入れます。
5.Aの柚子こしょう、しょうゆ、塩、酒、しょうがを混ぜ合わせます。
6.Aはなるべく(3)の肉の部分にまぶします。
7.(6)の上にしょうがの細切りを散らします。
8.水大さじ3、Aを回し入れ、フタをして中火にかけ、蒸気が出てきたら少し火を弱め、15分間煮てしょうがの血行促進作用を高めます。
ポイント:しょうがは加熱すると、血行促進作用が高まります。しょうがは具とたれのダブル使いで体もポカポカに!

ひらひら大根鍋のレシピ

ひらひら大根鍋の材料(2人分)

・しょうが(皮付き):45g
・鶏もも肉:1枚(250g)
・鶏むね肉:1枚(200g)
・塩:小さじ1
・こしょう:少々
・細ねぎ:4本
・水:カップ4
・酒:大さじ2
・大根:20cm(200g)
▼A
・赤唐辛子(小口切り):1本分
・しょうゆ:小さじ1/2
・塩:小さじ1/2

ひらひら大根鍋の作り方

1.しょうがは網の上に置き、直接コンロの火で丸ごとこんがり焼きます。
ポイント:焦がすようにしっかり焼くと甘味と香りが増します。
2.焼いたしょうがは水につけ、スプーンで焦げを取りながら洗います。
3.まな板の上で叩きます。
ポイント:しょうがは叩くとこで、香りが引き立ちます。

4.鶏肉に塩、こしょうをふり、全体にまぶしすり込みます。
5.土鍋に鶏肉を入れ、その上に(3)のしょうがも入れます。

6.細ねぎは根元を切り落とし、叩いてから土鍋に入れます。
7.なぎの青い部分は小口切りにし、鍋を食べる時の薬味になります。

8.鍋に水、酒を入れ、弱火で30分間煮たら、火を止めて粗熱を取ります。
9.粗熱が取れたら、鶏肉を取り出し、鍋を中火にかけます。

10.取りだした鶏肉の身と皮を手適当な大きさに裂きます。
11.もも肉皮は取り除き、細切りにします。
12.(9)の鍋に裂いた鶏肉と皮をを戻し入れ、Aを加え味をつけます。

13.大根はピーラーで麺に見立てるために20cm長さにスライスします。
14.スライスした大根を鍋に加え、好みの堅さまで火を通して出来上がりです。

詳細はきょうの料理2020年2月号をご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK きょうの料理 2020年2月号【雑誌】【1000円以上送料無料】
価格:555円(税込、送料別) (2020/2/4時点)

楽天で購入

 

最後に

しょうが温まりますし、香りよいので惜しいですよね。
オッしたしょうがを味噌汁に入れたら朝から温まります^^
最後までお読みいただきありがとうございました。

-きょうの料理, レシピ
-, , ,

Copyright© へぇ~そうなんや , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.