レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング

【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】かぼちゃのポタージュのレシピ

2019年10月15日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングは”秋の定番料理”というテーマで洋食の「かぼちゃのポタージュ」について紹介されました。
かぼちゃのポタージュを教えてくださったのは辻調理師専門学校 西洋料理教授 小池浩司先生です。

かぼちゃのポタージュのレシピ

MEMO:自宅で作れるオシャレなポタージュ!
講師:辻調理師専門学校 西洋料理教授 小池浩司先生
ゲスト:北斗晶さん「通算10回目の出演。健康には気を配っています」

かぼちゃのポタージュの材料(2人分)

  • かぼちゃ:250g(1/4個)
  • 玉ねぎ:60g
  • バター:20g
  • ブイヨン:400ml
  • 塩:小さじ1/2
  • 生クリーム:小さじ2
  • パセリ(みじん切り):適量
  • 塩:適量
  • こしょう:適量

かぼちゃのポタージュの作り方

1.かぼちゃは少しずつでも良いので包丁で皮をむき、4等分に切ってから1cm厚さに切ります。

2.玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにします。
ポイント:玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにします。
小池浩司先生「繊維に逆らって切った方がすぐに柔らかくなります」

3.バターを鍋に入れて熱し、玉ねぎを透明感が出るまで炒めます。
小池浩司先生「炒めることによってうま味に甘さをプラスします。焦がさないように注意をしてください」

4.玉ねぎを透明感が出たらかぼちゃを入れ、弱火でバターをからめます。
小池浩司先生「かぼちゃは甘みを持っていますので、ここはバターをからめる程度でいいです」
5.バターをからめたら、ブイヨンを入れ、下味に塩を加えて強火にします。
6.アクがでててきますので、アクだけを取り除きます。
小池浩司先生「上に出てきている油はバターですから残してください」
7.アクが取れたら、弱火にして10分間煮ます。
8.かぼちゃがスプーンで軽く崩れくらいの柔らかさになったら、鍋を氷水に当てて粗熱を取り、ミキサーに移します。
小池浩司先生「暑いままミキサーに入れると危険ですから必ず粗熱を取ってからにしてください」
9.8がなめらかになるまでミキサーにかけます。
10.9がなめらかになったら、鍋に戻します。
11.中火にかけて温めますが、焦げやすいので注意しながら下から混ぜ、塩・こしょう適量加え、温めます。
12.器に注ぎ、生クリームをかけて、パセリのみじん切りを散らして出来上がりです。

最後に

北斗晶さん「あ~高級な味がします。これが自宅でできたら最高ですね」
上沼恵美子さん「やられましたね。すごい繊細」という感想でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

-レシピ, 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
-, ,

Copyright© へぇ~そうなんや , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.